2013年

10月

12日

留守宅管理の再委任

先日、昨年まで留守宅管理を受任していた戸建の所有者様から再びご依頼がありました。
一旦、同じ会社の方が入居した後、退去されたとのこと。
そこで来年2月までの短期ではありますが、再委任を頂きました。
 私としては、やはり再度のご依頼を頂けたことが大変うれしく思いました。

海外にいる所有者様がマイホームの様子に安心できますよう、詳細にご報告していきたいと思います。


現在は、留守宅管理の新規受任は致しておりません。

2012年

12月

29日

留守宅管理:業務完了

12月27日で受託している留守宅管理の内、2件の業務が完了致しました。

1件は居住中で、海外へ行かれている間の管理。

そしてもう1件はご家族全員で海外赴任をされている空家の管理でした。

 

我が家を離れて暮らすお客様にとって、月2回の巡回と月1回の写真付報告書は、こちらが考えていた以上に安心を感じ、喜んでいただくことができました。

私もまた、そのお言葉に大変うれしく思いました。

 

今後も微力ながら、皆様のお役にたちたいと思います。

 

皆さん良いお年をお迎え下さい。

 

留守宅管理の詳細はこちらへどうぞ!

2012年

10月

14日

留守宅管理の金魚

カルキ抜きの水を足す
カルキ抜きの水を足す

留守宅管理の物件に2匹の金魚がいる。

本来は、室内のチェック業務と通風、郵便物確認などが主業務であるが、ここには2つの水槽に各1匹ずつ金魚がいるため、えさやりと水補給を行っている(動物管理は基本的にはお受けできません。)

2週間に1回のえさ補給で大丈夫なのかと心配していたが、案外元気で問題ないようだ。

水槽の水は、意外と減るもんだということも分かった。

 

私はもともと動物が好きで、飼ったことのある動物は「犬、猫、モルモット、鶏、ジャンガリアンハムスター、金魚、セキセイインコ」など。

 

えさをやったりしているとちょっとかわいくなってくる。

 

名前を付けたくなってきたが、よく考えるとこれはお客さんのペットだ。

私の付けた名前に慣れてしまうといけないので(金魚が名前を呼ばれていることに気付くかどうか知らないが)とりあえずやめておこう。

 

留守宅管理の詳細はこちらへどうぞ!

2012年

7月

21日

リロケーションシステム(留守宅管理)

この家は今回の契約とは関係ありません。
この家は今回の契約とは関係ありません。

本日、新しく「リロケーション業務」の委任をいただきました。

ご所有者様の戻って来る日がしっかり決まっているので、入居斡旋は勤務先の会社が行います。当社は、留守中の物件管理を行うというものです。

 

家は、使用していないと痛む可能性が高いので、定期的な通風が必要です。

また、物騒な世の中ですから、定期的な見回りも欠かせません。

警備会社のようにオンラインで警備をするわけではありませんので、急な侵入には対処できません。しかし、ほったらかしではなく、チェックしているという事が大事なんです。

 

物件のご近所にもご挨拶し、何かあったら(異常や苦情も)知らせて下さいとお願いして来ます。

 

今回は、海外赴任中のご主人様とはE-mailで、物件にお住まいの奥様とは電話、E-mail、面談にて転勤前のわずかな時間でお打ち合わせし、受任させていただきました。

 

これからは、定期的な月2回の巡回が始まります。

 

留守宅管理はコチラ→